京都大学の大学猫サークルCat-Ch(キャットチャンネル、通称キャッチ)のHPです。

地域猫ならぬ「大学猫」という取組みが広がり、猫たちの殺処分数が少しでも減ることを願っています。

 

 

「私たちにできること」

 

こういった活動をしていると、私にできることは何かないか、との相談を受けたりもするのでまとめてみました。

 

ひとりひとりの小さくみえる大きな行動がたしかな力を発揮します。

 

・保健所から猫を引き取り『里親』になる。

 大好きな人につけてもらった名前で呼ばれる日を猫たちは待っています。

 

・猫を終生飼育する。

 

・猫は一度に複数の子どもを産みます。

 最悪の場合(里親募集をしたが一匹も引き取り手がみつからなかった)を想定し、

 その時にすべての命に対して責任を持てない場合は不妊去勢手術をせざるをえません。

 完全な室内飼いだから大丈夫だと思っていても、災害(地震・火事等)はコントロールできません。

 賢明な判断を願います。

 

・地域猫活動を始める。

 自治体によっては助成制度のある場合もあるので、衛生課や保健局に問い合わせてみることをおすすめします。

 要点は

      

      ①不妊去勢手術

       猫の過剰繁殖を防ぎます。また尿の異臭軽減、発情期の騒音がなくなる、など猫嫌いの人にも利益

       となる点もあります。

      ②排泄処理と排泄管理

       適切な処置をすることにより定点で固定することができます。

      ③定時定点でのえさやり

       個体管理がしやすくなり、周辺住民に迷惑をかけにくくなります。

      ④周辺住民への情報発信

       地域猫の意義や猫に関する正しい知識、または猫に関する苦情など利害関係を明確にし解決を図り

       ます。

 

 です。助成制度を受ける場合は町内会長さんの認可が一般的に必要です。

 「地域猫活動をしている」と公的に発表すると、猫をその地域に捨てに来る人が出てくることもあるようなので

 ご注意ください。

Twitter